こんにちは!
今日は、あなたが気になっている仮想通貨(暗号通貨)が詐欺かどうかを一瞬見分ける方法をお伝えします!

一般の方には、まだまだ仕組みがわかりにくい仮想通貨。

多くの詐欺業者は、それを逆手に色々な手口でお金を騙し取ります。

皆さんも騙されないで下さいね♪

詐欺かどうかを見分ける方法

結論からいいますと、公開時(暗号通貨のリリース時)に当初の金額が2倍以上に高騰すると、謳っているものはほぼ例外なく詐欺にあたります。

もちろんビットコインやイーサリアムの様に公開後に、徐々に段階を経て数倍にのびる暗号通貨も多く存在するのは確かです。

ですが、リリース時に数倍に跳ね上がる事はまずありません。

正確にいうと、それをやってしまう事は、その会社の破綻を意味するからです。

分かりやすくする為に例をあげながら解説します。

例えば、ミュー(仮名)という暗号通貨がプレリリースされたとします。

取引所や代理店がその通貨がリリース時に3倍になると紹介しているとしましょう。

多くの方がその魅力にとびつきます。

100万円交換したら、300万円の価値になるわけですから、それは魅力的ですよね?

仮にそれが詐欺ではなく、本当に実行されるものだとします。

そして遂にミューが公開を迎えます。

多くの方は、待ってましたと言わんばかりに、交換して3倍になったお金を現金に引き出します。

するとどうなるでしょう?

そのミューを運営している会社が保有する暗号通貨の総量が一気に減りますよね?

そんな急激な下落をしていく通貨をさて自分も交換してみようと考える方がどのぐらいいるでしょう?

答えは明白です!

そうなると、そのサービスは破綻を迎えるしかなくなりますよね?

今やビットコインに次いで、世界第二位のシェアを誇るイーサリアムでさえ

リリース時の倍率は約1.6倍程度だったのです。

※イーサリアムの創業者チャールズ・ホスキンソンはカルダノの開発者です。

この例を参考にすれば、リスクを軽減する事ができます。

他にも参考にしていただきたい情報がありますので、こちらもチェックしてみて下さいね。

ご精読ありがとうございました!