こんにちわ!

今回は、詐欺の見分け方シリーズの第二弾として、安心して交換して良いメジャーな仮想通貨(暗号通貨)の見分け方・リサーチ方法についてお伝えします!

近頃、テレビでも暗号通貨の特集がされたりと、ますます私達日本人にも仮想通貨は、なじみあるキーワードとなってきました。

【池上彰の仮想通貨って何?】

この動画の様に都内でも仮想通貨でお買い物が出来るお店がどんどん増えてきました。

現在では、全国的にもこれからますます普及されていく計画で、IT企業、金融が連動してプロジェクトを進めています。

そんな流れを経て、楽天などの大手企業も自社の決済方法に仮想通貨を導入しはじめました。
楽天、ビットコインOK
NTTドコモもこの仮想通貨の文やに出資を始めましたね。
NTTドコモ仮想通貨事業に出資

そういった良いニュースが増えてきたところですが、その流れを利用して詐欺をする会社も増えてくる事も予想されます。

ですので、もしこれからあなたが何かの暗号通貨に投資しようと思っているなら、自分の中で

詐欺と本物の見分け方の目安を持っておきましょう。

答え合わせをするサイト

皆さんはコインマーケットキャップというサイトをご存知でしょうか?
http://coinmarketcap.com/
このサイトでは、全世界で無数にあると言われている暗号通貨全体の時価総額ランキングをチェックする事ができます。

要は一番多く取引がされているメジャーな暗号通貨が一覧でチェックできるというわけです。

Price=その暗号通貨の単価
Volume=その通貨の総量

サイトを見ると、世界ランキング1位がビットコイン、2位がイーサリアム、3位がリップルとなっていますね。
2016年2月28日時点

世界中の投資家や富裕層は、この指標を参考に出資をしています。

あなたがこれから交換しようとしているコインが、このサイトで上位50位内のものであれば大丈夫でしょう。

もちろん、このサイトに掲載されたコインは既に公開されている通貨に限られますので
未公開のプレリリース案件については、
こちらの記事もご参照下さい。

私達が今期待を寄せているADA(エイダコイン)、カルダノも同様にまだプレリリース段階です。

ですが、カルダノの開発者チャールズ・ホスキンソンが
これまで開発に関わった仮想通貨

イーサリアム:現在2位
ビットシェアーズ:現在9位

この実績と、彼のこれまでの素晴らしい経歴が今多くの日本人を惹きつけているのだと思います!

ちなみにイーサリアムはホリエモンも絶賛するほどのシステムで、彼自身も実際に投資しています。

参考ブログ:http://horiemon.com/7176/

カルダノ専門サイト「Cardora(カルドラ)」