FinTech(フィンテック)。

最近色々な場面で耳にするようになりました。

仮想通貨のビットコインやカルダノもFinTech(フィンテック)の一部です。

ですが、FinTechといっても、まだまだ多くの方には馴染みない言葉ですし、

フィンテックって何なの?って思ってる方、実は少なくないんじゃないでしょうか?

FinTech(フィンテック)とは?

文字通り
Finance=金融 と Technology=技術
による造語です。

つまり、従来の金融に新しいITテクノロジーが導入され、顧客に新サービスやシステムを提供する事を指します。

ここでよく混同しがちなのが、
例えば、とある銀行や証券会社がオンラインバンクを開設した。
とか
●●銀行が最新アプリをリリースした。
これもフィンテックなの?って思われる方、いらっしゃるんじゃないでしょうか?

実は、この場合はかなり以前からあるものですし、フィンテックとは呼びません。

フィンテックとは、
IT企業が、金融機関に対して、何かしらのITシステムを導入して、より顧客が安心して便利に金融サービスを受けられるようにするものです。

例外もありますが、多くの場合、
FinTechを指すキーワードは、IT企業側から金融機関に働きかけをして、
お互いの良い所を活かして
お客様に便利なサービスを提供する、
というのが共通するテーマとなっている様です。

実際にどんなフィンテックがあるの?

すでに市場に導入されているものだけでもかなりのフィンテックがあります。

今わかっているだけでも、これだけのカテゴリと役割がありました。

主なフィンテックのジャンル

融資(Lending)
個人の資産管理(Personal Finance)
決済(Payments)
個人投資(Retail Investments)
会計
仮想通貨
機関投資家による投資(Institutional Investments)
資金調達(Equity Finance)
送金(Remittances)
個人のための銀行(Consumer Banking)
金融の調査(Financial Research)
銀行インフラ(Banking Infrastructure)

世界と日本のフィンテックサービス

世界と日本のフィンテックサービス

こうして図にしてみると、既に日本国内でも色んなフィンテックが浸透しつつあると実感できました。

いかがでしたか?

少しフィンテックがどういうものかイメージが出来てきたのではないかと思います。

フィンテックの詳しい解説については、また別の機会にでも触れてみたいと思います。

ご精読ありがとうございました!