柳井梨花柳井梨花

今日は少し趣旨を変えて、次世代の投資スタイルについて触れてみたいと思います。
暗号通貨の投資にも共通するテーマですのでどうぞお見逃しなく♪

カルダノを率いるチャールズ・ホスキンソンと、大親友として話題になっている作家の泉忠司先生が
心配性な日本人でも着実にお金を増やしていく方法を特別にシェアして下さいました。

チャールズ氏と泉先生

2016-08-01_190914

泉先生は、作家としても大変有名な方ですが、大学講師、芸能プロデューサー、投資家としても国内、アジア、ヨーロッパ各国で活躍されてる方。

その彼の持つトップクラスの人脈と情報を使って
今日は、『金融工学40年のプロが辿り着いた負けない投資手法』を私たちにシェアして下さいます。

それでは、どうぞご覧下さい♪

日本人が知らない究極の投資手法 by 泉忠司

あなたは、毎日一生懸命働いて稼いだお金を
どのように運用していますか?

一番堅実だと考えられている方法は、
「銀行に預金すること」ではないでしょうか。

日本の銀行にはペイオフがついていることから、
万が一銀行が破綻することになっても、
1,000万円までなら保証されますので、
堅実であることは間違いありません。

しかし、運用という観点から考えると、
銀行預金には最大の問題があります。

それはまったくと言っていいほどお金が増えないことです。

日本の銀行預金の年利は平均0.02%

これは、100万円というお金を預けても、
1年間で200円しか増えないということです。

1日あたりに換算すると、約0.55円。
1日1円も増えないのです。

これでは、銀行に預けず、
自宅のタンスに保管しておく
タンス預金の方がマシだと考える人が
増えてくるのも理解できますよね。

こうした銀行の低金利に納得できない人たちの中には、
大きな利益を得られる方法で資産を運用している方もいます。

その代表的なもののひとつがFXです。

FXとは、正式には「外国為替証拠金取引」で、
「外為(がいため)」とも言われています。
ドルやユーロなどの外国通貨(為替)を交換・売買し、
その差益で儲けようというものです。

確かにFXはうまくいけば大きな利益を得られますが、
本当に様々な要因が絡むため、いきなりやっても上手く行かずに挫折する人が多くいます。

銀行預金のような堅実な商品は、低金利でお金が増えないし、
FXのような商品は、ハイリターンが望めるものの、ハイリスクも覚悟しておかなければならない。

帯に短しタスキに長しです。

ここで考えてみてください。

もし、銀行預金のように堅実であり、
FXほどのハイリターンは望めないものの、
1年間に20%とか30%増える方法があるとしたら、
どうでしょうか?

堅実であり、そのうえ、高金利を得られる手法です。

もしそれが存在するとすれば、
誰もがやってみたいのではないでしょうか?

実は、40年以上に渡って金融工学を研究し続けてきた
お金のプロがその手法をついに見出しました。

キーワードは、

「ただ預けるだけで、お金が勝手にドンドン増え続ける」

です。

今すぐに誰でもできて、
銀行預金と同じように堅実であり、
しかも銀行預金の金利とは比較にならないほど
大きく増える究極の投資法。

その全貌がこちらです。
→ http://gts.com.ph/lp/4884/4415

正直言って、この話を聞いた100人中100人が
「ぜひやりたい!」と言います。

究極の手法だけに当然ですよね。

しかし、この手法に着手できる人数には限りがあるのです。

そのため、この情報は期間限定での公開となっており、
予定数に達した時点で、この情報の公開が終了します。

期間限定公開であり、
しかも、今だけ【完全無料】で情報が得られます。

こんなとんでもない情報が【完全無料】なのだから、
本当に一瞬で、予定数に達してしまうことが予想されます。

知りたい人は今すぐ下記よりご登録ください。
→ http://gts.com.ph/lp/4884/4415

PS.
ちなみに、ここには日本の金融業界ではタブーとされている衝撃の事実が記載されています。

この事実を知るだけでも、大きな価値がありますので、
それだけでも必ず見ておいてください。

【業界でタブーの衝撃の真実を知る】
http://gts.com.ph/lp/4884/4415